写真画像

インスリンのメリットデメリットって?

インスリンのメリットデメリットって?

糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)治療の際にのインスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)療法のメリットとデメリットについて御紹介していきたいと思います。

インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)療法は、糖尿病患者(糖尿病は贅沢病とも考えられており、世界中で患者が増えている傾向にあります)にとって、たいへんメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)の多い治療方法だと言われているんです。

生きていく上で欠かせないホルモンであるインスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)が不足してしまったりする病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が糖尿病です。

ですので、インスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)療法で足りないインスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)を補充して上げる事が重要でしょう。

インスリンを補うと、確実に血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が下がりますから、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)効果を有すると言えるでしょう。

最近では、常にインスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)を出そうとして疲労している膵臓(一日に1200ミリリットルくらいの膵液を分泌して、炭水化物やタンパク質、脂質の分解・消化します)を休ませる意味でも、早めにインスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)療法を取り入れるケースも多くなってきているようです。

このように、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)治療の時に非常に有効だとインスリン(糖尿病の治療には欠かせません)療法は、糖尿病患者(糖尿病は贅沢病とも考えられており、世界中で患者が増えている傾向にあります)に取ってメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)がある治療方法です。

しかし、一般的には、自分で注射するのが怖い、注射が痛いなどといったマイナスのイメージもありますし、インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)注射を自分で打つことに抵抗がある方が少なくないようですね。

「インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)を打つのは最後の手段なのではないか?」と考える人も多く、マイナスのイメージにより、取りいれるのを拒否する人もいると言うのが、インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)療法のデメリット(メリットと比較して、どうするのかを判断することがほとんどです)の一つでしょう。

でも、先ほども述べたように、ちかごろでは、体の負担を軽減しようといった考え方で早めにインスリン療法を取り入れてますので、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)が重度であるとは限りません。

体の負担をほんの少しでも減らせるように、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)療法を勧められた場合には、抵抗せずに受け入れた方がいいでしょう。

インスリン療法は、注射するインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)の量を間違えた場合、それが多くても少なくても低血糖や高血糖を引きおこして非常に危険です。

そうはいっても、打つ量(単位)を間違えなければ、とても効果的な治療方法ですから、医師(不足気味だといわれて久しいですね。 選択の余地もないような地域も少なくありません)からの指導を頻繁に受けながら、注意深く注射するなさってくださいね。