写真画像

おならと病気の関係性って?

おならと病気の関係性って?

健康な方のおなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)は、ほとんど臭わないと言うことをご存知ですか?「おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)は臭いもの」と思い込んでいる方もいることでしょうね。
でも、その臭いの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の多くは、腸内細菌の悪玉菌が影響しています。
つまり、腸内が健康で善玉菌が多い場合には、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)をしても臭いはほとんどしありません。
もし、おならの臭いが普段よりもきつかったり、量や回数が明確に多かったりする場合には、もしかすると病気が関係しているのとなるんです。
おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)に異常がある場合に、初めのうちは考えられる要因として、やはり便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)と言われているのです。
腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまうと、便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)になりやすくおならも臭くなるはずです。
しかも、便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)が長い間続く状態になってしまったら、腸内に有毒なガスが溜まっていきます。
さらに、腸内の悪玉菌も増殖しておならがどんどん臭くなり、便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)もガンコなものへと変化してしまいますよね。
また、この頃知られるようになった病気(先天的なものも少なくないでしょう)で、「過敏性腸症候群」と言うものがありますが、これにもおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)が関係してきます。
と言うのも、この病気はいつ起こるか判らない下痢や腹痛に悩まされる症状なんですが、これも腸内で悪玉菌が増えてしまっている事が原因だと判っているみたいですよ。
この他には、胃や腸になんらかの疾患がある場合や、すい臓や肝臓、胆のうの病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)がある場合でも、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)臭かったりおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の量が多かったりする事もあるかもしれません。
もしも、心当たりがあるのなら、注意して下さい。