写真画像

カウンセリングの効果はある?

カウンセリングの効果はある?

鬱の治療法は色々あるものですが、カウンセリングと言うやり方もあります。
カウンセリングとは、専門的な訓練(いうことをきかない飼い犬などをしつけるために行うこともあります)を受けたカウンセラーが悩みを抱えた人に対して話を聞き、その人の考え方や行動、捉え方を見直す事によって改善に導くといったではないかと思います。
カウンセリングと言って、何か特別な事をする訳ではありませんし、カウンセラー(守秘義務がありますから、人にはいいづらいことも打ち明けて相談することができます)がこうしなさいという指示を出すこともないでしょう。
カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)では、ご自身の事を話す事自体が大切なんです。
自分で自分の事を話して、自分を受け入れるように促すのがカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)の役比較的もいえます。
カウンセラー(相談する人のことをクライアントと呼び、きいたことに対する守秘義務があります)からのアドバイスはあるかもしれませんが、患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)自身がしっかりかんがえて客観的に捉え、正解を自分自身で決めて行く事に意義があるんでしょう。
患者本人が自分自身だと向き合わない事には、どんなに優秀なカウンセラー(基本的には、具体的なアドバイスや対策を提案するわけではなく、あくまでもクライアントが悩みなどを解決するサポートをするだけです)でも、具体的な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)方針や考え方を決められず、改善に向けたカウンセリングを実行できません。
また、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の強い時期にカウンセリングだけに頼るのもあまり好ましいそうはいってもないだといえるはずです。
鬱の最初の段階での治療は、薬と十分な休養が基本と思いますよ。
薬を服用する事は、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)があって怖いと言う人もいるはずです。
でも、適切ではない方法でカウンセリングを行ったりすると、かえって鬱症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が酷くなってしまったこともあるみたいです。
ですので、カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)をうける時期にも注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)する必要があるでしょう。
それに、カウンセリングの効果をあげるためには、その人に合わせたカウンセラー(たくさんの民間資格があり、中には、通信教育で取得できる資格もあります)に治療したとしてもらう事が何よりも重要になります