写真画像

社労士の合格率ってどれぐらい?

社労士の合格率ってどれぐらい?

社労士の合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。 受験する時の目安にされます)は、ほとんどの年が10パーセント未満です。

この数字からも、社労士の試験は難易度がとても高いのがわかるでしょう。

社労士は仕事をしながら取得を目指す人も多く、仕事以外の時間のほとんどを勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)にあてているという話もよくききます。

そんな一生懸命に勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)している方が集まっている中でも、十パーセント未満の方しか合格することが出来ていないわけです。

だからって、社労士の試験は合格できる人数が決まっているわけではないのです。

規定の点数を取ることができれば合格になるので、自分との戦いはずです。

社労士の試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は変わっていて、どれほど総合点数が高くても、分かれている項目の点数が一箇所でも規定点数に達していない場合には、不合格となってしまうでしょう。

そのため、不得意科目を作る事は許されありません。

他の試験では、苦手なところを得意な科目でカバーするというのもできますが、社労士の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)ではそれをすることができありませんから、合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)が低いのとなるのです。