写真画像

人見知りを克服するには?

人見知りを克服するには?

人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)を克服するには、あなたの意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)をかえることが大ことではないでしょうか。 人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)って、実は警戒心の表れのだとか。 詐欺などに遭わないためには、人を疑ってみるということも必要であることなのです。 しかし、あまりに人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)してしまうと、人とのコミュニケーションがとれません。 その結果、人間関係がうまくいかないと言う事にもつながるになるんです。 コミュニケーションをとるためには、自分の意識をできるだけ変えるようにしなくてはいけません。 といっても、難しく考えたり、身構えることはありません。 例えば、挨拶というのも立派なコミュニケーション手段の一つです。 人は初対面の際には大抵、「はじめまして」という挨拶から始まります。 この時、相手によい印象を与えようと、相手を意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)し過ぎてはいないのですか。 また、相手が自分をどう思っているであろうかと考えすぎてはいないでしょうか。 この意識しすぎが人見知りを生む結果になってしまうんです。 できるだけ肩の力を抜いて、笑顔で挨拶することを心掛けましょう。 練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)することで、自然な笑顔で挨拶する事ができるようになります。 明るい笑顔で挨拶をすれば、人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)だと思われる心配はないでしょう。 人見知りを克服したいのならね、自分が変わろうという意識を強く持つことがポイントです。 人見知り(かつては子供に対して使う表現だったようですが、近年では大人にも使います)をどうにかしたいと思うのなら、上手くコミュニケーションをとるためには、どんな風に人と接すればいいのかを考えられると言われています。 自分ひとりでは難しいですからあれば、カウンセラー(国家資格がなく、名称独占ではないため、誰でも自称できてしまいます)などの専門家に相談したり、指導を受けたりするのもいいかもしれません。