写真画像

中学受験するなら塾は必須?

中学受験するなら塾は必須?

子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)に中学を受験させようと思った時、どんな方でも考えるのが塾のことではないでしょうか。 近年、受験の為に塾に通わせるのが一般的になっているのです。 当り前ですが、塾に通っていなくても志望校に合格しているお子さんは?多くいます。 ただ、そういうお子さんの親は、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)と一緒になって受験対策をしているのです。 塾のいい点は、受験の為のテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)、効率の良い学習方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)、受験校の情報等が入手できるということです。 これを自分自身で得ようとすると、子供の力のみではやっぱり不可能んですね。 親が一緒になって子供の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)カリキュラム(提示されたものから受ける側が選択できることもあります)を組み、テキストを読んで問題集(できれね答えの解説がわかりやすいものを購入するといいかもしれません)を解き、疑問点を解消して行くことが最低でも必要となってきます。 子どもが自主的に勉強すると思ったのならね、それは大間違いなのです。 まだ小学生(学割がきくのが嬉しいですよね。 携帯電話料金なんかも安くなったりします)ですから、親が付きっきりで勉強をみてあげる必要があるんです。 また、貴方の今のレベルをチェックする為にも模試(模擬試験の略称です。 最近では、パソコンを使ったWEB模試や自宅模試なども行われています)は受けさせた方がいいですし、志望校の情報収集も必須となっているのです。 その分の覚悟が親にある場合はば、塾は必要無いだといえるはずです。 塾は、入試から逆算したカリキュラムに基づいた勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)を進めてくれるはずです。 効率良く勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)出来るようなテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)も教えてくれるのですし、周りにはライバル(いい意味で競い合っている相手という意味合いを持つのは日本語だけみたいです)がいて子供本人に取ってもいい刺激となるでしょう。 それだけ、家庭では親がいちいち勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)の話をしなくても済むので、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)にとって安らぎの場ですね。 塾が必要不可欠かどうかは、親の覚悟次第なのです。 始めに模試(主催する団体や模試の知名度によって、受験者?や結果の信頼性に差があるでしょう)を受けさせ、子供のレベルをチェックしてみては如何でしょうか