写真画像

生命保険は自殺も支払われる?

生命保険は自殺も支払われる?

生命保険(保険金詐欺が行われて、ニュースになることもあります)は自殺でも支払われるのでしょうか。 各生命保険(生保という略称で呼ねれることもあり、女性の販売員を生保レディと呼んだりもします)会社が約款内で規定している一定の免責期間(精神障害が原因で命を絶つ場合には、定義上は自殺にはならないといわれています)を超えた後の自殺であれば、保険金が出ることがほとんどでしょう。 この免責期間(自殺の他に、がん保険でも加入者の公平性を保つために免責期間が設けられています)は、保険会社や保険商品(保険内容)によってはさだめられており、一般的には一年から三年くらいに規定されていることが多く、その期間内の自殺では保険料の支払いは行われありません。 これは、保険金目当てで、自殺する事を前提に生命保険(生保という略称で呼ねれることもあり、女性の販売員を生保レディと呼んだりもします)に加入するといった悪質な加入者を排除させる為のだと言えます。 基本的に生命保険(現在の生命保険のルーツは、エドモンド・ハレーによる生命表を元にして、年齢による保険料を設定したものだといわれています)は、「万が一の場合に備えたもの」ですから、保険金めあての死亡であってはならないわけですね。 かと言って、景気が悪くてリストラや倒産が相次ぐような時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)には、一家の主がある日突然、自殺してしまったりすることもあります。 そのような場合には、残された家族にとって生命保険(現在の生命保険のルーツは、エドモンド・ハレーによる生命表を元にして、年齢による保険料を設定したものだといわれています)の保険料は生きていく為に必要であるお金といわれているようです。 本来は法律で、「自殺ならね保険料の支払いをしなくても良い」という事になっているのです。 でも、各保険会社がオリジナルのサービスとして一定の免責期間(精神障害が原因で命を絶つ場合には、定義上は自殺にはならないといわれています)を設け、それ以降の自殺であれば、約款に記載されている保険料を支払うとしているのです。 ですので、保険会社によってはそのような免責期間を設けてないところがあったとしても問題ではないんですよ。 当然、そういった場合には自殺による保険料の支払いが行われてないことになりますが、それを責めることはできないだといえるはずです。 自殺を前提に生命保険(現在の生命保険のルーツは、エドモンド・ハレーによる生命表を元にして、年齢による保険料を設定したものだといわれています)に加入することはないでしょうが、万が一のことを考えれば、約款に記載されている免責期間(精神障害が原因で命を絶つ場合には、定義上は自殺にはならないといわれています)を予め確認しておいた方がいいと思われます