写真画像

血糖が高いとなりやすい病気って何?

血糖が高いとなりやすい病気って何?

血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が高いとは、血液中にあるブドウ糖の量が多いことで、高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回?が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)と呼んでいます。 血糖値は食事の後には上がり、しばらくすると下がる、といったように1日のうちに上がったりさがったりするのが普通です。 一方、ブドウ糖(グルコースとも呼ねれる糖の一種ですね)には血管を破壊する作用があるそうです。 そのため、何年間も高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回?が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)の状態が続いてしまったら、毛細血管が破壊されて様々な病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)を招くことになるのです。 もっとも多いのは言わずと知れた、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)です。 糖尿病は血管がボロボロになる怖い病気で、放っておくと全身に広がり命にも関わります。 また、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)は以下みたいな様々な合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)も引き起こすことになるでしょう。
・腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)
・糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)昏睡
・動脈硬化(生活習慣を改善するなどして、早めに予防することが大切です)
・糖尿病性網膜症(年間で三千人くらいの人が失明しているといわれているのです)
・糖尿病性神経障害
・歯肉炎、歯槽膿漏
動脈硬化(脳梗塞や心筋梗塞の原因になり、深刻な後遺症が生じたり、死に至る危険性も高いです)は、心筋梗塞や脳梗塞(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性塞栓症の三種類に分類されています)、手足の壊疽を引き起こす可能性があり、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)が原因で手や足を切断するケースもあります。 糖尿病性網膜症(糖尿病の三大合併症の一つだといわれています)は眼底出血を起こして失明する可能性があって、糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)性神経障害はEDや知覚障害を引き起こすことがあるのです。 糖尿病は、初期状態のたまにはほとんど自覚症状がないので、発見が遅れるといったケースがほとんど。 自覚症状が現れたときにはかなり病状が進行しています。 また、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)は一度患うと一生涯治らず、ほうっておけば間違いなく進行し、合併症(ある病気が発端となって、別の病気を発症してしまうことをいいます)を引き起こします。 それに、高血糖は、糖尿病の他にも、高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)症や高脂血症などを引き起こす場合もあるのです。 さまざまな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の原因になる高血糖(ずっと高い状態が続くと、糖尿病になり、深刻な合併症を引き起こす危険性が高くなります)。 血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)は普段の生活でコントロール出来て、血糖値が高い場合は、充分な注意が必要となります