写真画像

卵子も老化するものなの?

卵子も老化するものなの?

日本人(出身県によって様々な個性があるものです)が結婚(人生の修行だという説もあります。 最も修行になる相手とパートナーになるんだとか)する年齢はますます高齢化しており、それに伴って不妊に悩む女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)も増えている傾向があるのです。 高齢になれば妊娠・出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)が困難になることはおそらく殆どの女性が知っていることでしょうねが、割と軽く考えておいた方が多いみたいです。 昭和の頃には30歳で高齢出産(妊娠すること自体が困難であることも少なくありません)とよねれていましたが、現在では35歳の初産で高齢出産(人によっては、出産前よりも若返ったように感じることもあるのだとか)と呼ばれるかもしれません。 医療技術が進んだことや不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)・体外受精・人工授精なんかの技術が進んだことで楽観視していたり、「自分は大丈夫」と考えている方が多いと思います。 閉経してしまえば妊娠できないのはどんな人でも知っていらっしゃるかもしれませんねが、生理があるうちは自分の体力さえあれば大丈夫と考えている人も多いことでしょう。 意外と、知られていないのが「卵子は老化する」という事実です。 男性の精子は毎日新しく作られますが、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の卵子は産まれた時に既に卵巣の中に作られています。 それが性成熟期を迎えると、毎月1つずつ排卵されるようになり、妊娠の準備が始まります。 産まれた時に既に卵巣の中に持っていた卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)が1つずつ成熟して、閉経までずっと排卵されます。 つまり、15歳で排卵された卵子も、50歳で排卵された卵子も、卵子(雌性で不動の配偶子のことをいいます)が産まれた時期は同じというところもかも知れません。 そのため、高齢になればなるほど卵子が老化していってください。 卵子が老化すると、妊娠しづらくなるのは当然の事、生まれてくる子どもの奇形や先天的な病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)も高まってしまいます。 一般に、35歳の女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)がぶじに出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)可能な確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)は、20代女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の半分と言われています