写真画像

Canon?パナソニック?ソニー?それぞれの特徴って?

Canon?パナソニック?ソニー?それぞれの特徴って?

デジタルカメラは各メーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)から色々な機種が売られていて、選ぶのも大変ですね。 ここでは、主なメーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)から出ているデジタルカメラの特徴を挙げていきます。 Canonと言えば、デジタルカメラの王道メーカーです。 シリーズの「PowerShot」と「IXY」は、かなりの数がラインナップされていますが、特徴はまさにその種類(時には新しく発見されることもあるようです)の多さです。 1万円で購入できるものから、7万円もする高機能品まで。 形や機能を変更して、全ての方のニーズに応えられるようにしてあるのが特徴でしょう。 パナソニックのデジカメは、「LUMIX」と言うシリーズ名。 現在では当り前のように付加されている手ぶれ補正(撮影後に修正できるソフトもあるそうです)だからって、デジタルカメラに積極的に手ぶれ補正(全ての撮影でピンボケを防げるわけではありません)を搭載したのがパナソニックです。 その事もありますし、どんな安価な機種に於いても手ぶれ補正(ピンボケによる撮影ミスを防いでくれる便利な機能ですね)を搭載させているのが特徴でしょう。 ソニーのデジタルカメラは、「サイバーショット(優れた打球をゴルフでは、「ナイスショット!」なんていいますよね)」というシリーズ名です。 その特色として、CMOSイメージセンサを搭載している機種においてはフルHDで動画撮影が出来るようになっています。 写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)に残して、更に動画でも記録しておきたい場合には、とても便利ですね。 また、一部の機種では、普通では撮れないような壮大なパノラマ写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)が撮れるパノラマ撮影を採用しているものもありますよ。 近年では、独自に興味深い付加機能を付けるメーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)が増えてきました。 購入前には、いろんなメーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)の機種を比べてみると楽しいですよ