写真画像

ドラム譜の読み方のコツって?

ドラム譜の読み方のコツって?

ドラム譜を見た事がある方はごぞんじかもしれませんが、実はドラム譜には厳密な意味での統一基準は存在していないでしょう。
ドラム譜にも五線譜が使用されていますが、ピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)等の楽譜(西洋音楽発祥の五線譜が最もよく使われています)のようにきちんと決まっている訳ではないのです。
ですから、出版社によってドラム譜の書き方がまちまちである、と言うケースも少なくありません。
それでは練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)出来ない、と思われる方もいらっしゃいます。
ただ、シンバルやスネアドラムをどの高さに配置させるか等は、おおまかに決められています。
また、シンバル各種は「×」印を使用していますので、ここは気をつけてください。
ハイハットより少し高い場所にある×印は、ライドシンバル。
アクセントのマークがついているものは、クラッシュシンバル。
点がつくと、ライドシンバルの中心の膨らんでいるカップを示している可能性もあります。
シンバル系はドラム譜を書く人によって表記方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)が異なる場合が多いため、特に注意が必要ですね。
ハイハットの音符の上に「○」記号があればハイハット・オープン、「+」記号があればハイハット・クローズと言った事も覚えておきましょう。
ドラム譜はあくまでも、ドラムを叩く上でのおおまかな目安として書かれているような物ですから、楽譜(フルスコアやコンデンススコア、パート譜など、五線譜の楽譜にも色々な種類があります)によってさまざまな意味があることがあります。
コピー譜でしたら、まずは原曲を耳で聴いて自分で確認してみることが大切です。
ドラム譜だけに頼らずに、ご自身の耳で音源を聞き、それにあわせて叩くのが一番いい方法でしょう。