写真画像

子連れの場合は再婚は難しい?

子連れの場合は再婚は難しい?

現在、国内では、3組に1組の夫婦が離婚(一度成立した婚姻を解消することです)しているといわれていて、昔に比べると、離婚(一度成立した婚姻を解消することです)に対しての抵抗があまり感じられなくなってきました。
また、離婚経験している人が再婚(女性は離婚した後、半年間の待婚期間があります)を望む率も高くなっており、今現在、4組に1組が再婚(昔ほど再婚に対する抵抗感はなくなっていますが、それでも相手が初婚だと親に反対されることもあるでしょう)であるという現状です。
中でも、20代、三十代で離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)する若い夫婦が増え、それと一緒に、若いシングルマザーの割合も多くなっています。
小さな子どもを抱えるシングルマザーの中には、仕事と子育てで大変だから再婚まで頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)が回らないという方、子供がもう少し大きくなってから考えようという方も少なくありません。
でも、もし、子連れで再婚しようと思うようにすれねば、出来るだけ早い段階でして下さい。
実際、35歳以上のシングルマザーより、20代のシングルマザーのほうが成婚率も高くなり、また、子どもが小さければ小さいほど、結婚生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)がうまくいくケースが多いようです。
子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は大きくなると、ご自身の考えや意見、価値観(合わない人と一緒に共同作業を行うのは、時に大変な苦痛を伴います)を持つようになりますので、当然、再婚相手にたいする意見の食い違いも出てくるのです。
それを考えたら、自分も若く子供も幼い時期の方が再婚(離婚、もしくは、死別で前の配偶者と別れ、もう一度、結婚することをいいます)しやすいといえますね。
しかし、再婚(離婚、もしくは、死別で前の配偶者と別れ、もう一度、結婚することをいいます)を思い立ってもシングルマザーの場合、自分で良い相手を探そうと思っても非常に難しいのが現状なのです。
そこで、結婚相談所(一人での婚活に自信が持てないのであれね、相談にのってもらえる結婚相談所が合っているかもしれません)を利用することをオススメします。
結婚相談所の中には、そのような子連れで再婚(離婚、もしくは、死別で前の配偶者と別れ、もう一度、結婚することをいいます)を希望する女性に向けての専用のプランを設けているところもあるようです。
特に、会員数の多い規模の大きな会社の結婚相談所(入会金や月会費などがそれほど負担にならないところを選んだ方が続けやすいですね)ではそういうプラン(計画や案のことをいいます)を設けているところが多いです。
会員数も多いため、同じような境遇の人やシングルマザーに理解のある人など、大勢の人と出会うことが出来るでしょう。