写真画像

日経225の限月取引ってどういう意味?

日経225の限月取引ってどういう意味?

日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)先物取引とは、将来のあらかじめ定められた日に、現在、取り決めた価格で日経平均株価(算出に使われる銘柄は、入れ替えが行われることもあります)を売買する取引のことを指すのです。 このあらかじめ定められた日が、「限月」にあたります。 限月の満期日が来ると、最終取引日の次の日(第二金曜日) の日経平均株価に採用されている二十二5銘柄の寄値を基に、特別清算指数(SQ)を算出して決済されます。 具体的にいえね、日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)先物取引には、3月、6月、9月、12月の限月がありますね。 現時点が2月だとして、今から取引を開始するとしたら、3月と6月、9月、12月、そして、来年の3月の5つの限月が存在行う事になるのです。 例えば、2月10日に日経225先物3月限を壱万円で購入したとするのです。 これは、3月の第二金曜日の日経平均株価(構成銘柄の入れ替えが行われると、その株の株価にも影響しますね)を、2月10日の時点に1万円で買ったということでしょう。 その後、限月に日経平均株価(構成銘柄の入れ替えが行われると、その株の株価にも影響しますね)が10000円以上であれば利益を得る事となり、以下であれば損失を出す事なのですよ。 そして、ひとつの限月が終了すると、再び翌営業日には一番期限の長い月の限月が上場され、常に五種類の限月が上場されている状態になります。 どの限月に対しても売買をやったとしても良いのですが、実際の取引では期限が一番短いものに取引が集中していますよね。 また、限月の満期日までじっと待たずに、反対売買による決済にて利益や損失を先に確定する事もできます