写真画像

胸焼けの対処法って?

胸焼けの対処法って?

胸焼けを起こさないようにするには、どうしたらいいのでしょう。
最もいいのは、昔の日本人の生活を真似する事です。
昔の日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)は、電気がない時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。
年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)でしたので、夜は早くに寝て、朝は早く起きる生活をしていました。
食事も、現代の食事とは畭なって、添加物が入っている食事もないし、もちろん、脂っこい食事もなかったので、今よりもはるかに消化のいい食事をとりいました。
しかし、今の日本方には、昔の日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)の生活を真似すると言っても、なかなか困難です。
なので、とりあえず、早寝早起きをし、夜更かしをしない。
出来るだけ脂っこい食事を避けて、炭水化物や質のよいたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を摂る等するといいでしょう。
質の良いタンパク質には、白身魚、豆腐、卵等があります。
また、ニンニクや香辛料等の刺激物や、チョコレート、カフェインは、胃酸の分泌を促すため、胸焼けを起こしやすくてなるのではないでしょうか。
これらの食品は、なるべく摂らない様になさって下さい。
胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けは、胃と関連するので、コルセット等で、胃を圧迫すると胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)やけが発生してしまいやすくなるのではないでしょうか。
また、前かがみになることも胃を圧迫するため、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)焼けが起こります。
なので、胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)焼けを起こさないようにするには、身に付ける物や、姿勢にも注意が必要です。
もし、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けが起こってしまった時は、一般的に売られている胃薬を使用するといいでしょう。
上半身を少し高くして寝るのもオススメです。
上半身を高くして寝れば、重力に逆らうので、胃の内容物が逆流してくるのを防ぐことができます。
上半身を高くするためには、ふとんの下に座お布団や、毛布等をはさんで入れるといいですよ。