写真画像

腋臭の臭いを自分で抑えるには?

腋臭の臭いを自分で抑えるには?

ワキガ(耳の中にもアポクリン腺があり、耳垢を調べることでワキガの有無がわかると考えられています)のニオイは、脇の下のアポクリン腺(本来はフェロモンや個体識別のためのニオイを出していたそうです)といった特殊な汗腺から出た汗を細菌などが分解するにあたり発する臭いと思いますよ。 アポクリン腺(確実にその状態を確かめるために、試験切開を行っている病院もあります)から出る汗そのものは、アンモニア(水に溶かしてつくるアンモニア水は掃除や洗濯に役立ちます)などが含まれたものの、実質的には無臭だと言われており、その汗を細菌が分解する際に独特の臭いになったならね考えられているのです。 ですから、汗といっても一般的な汗臭さとは全く臭いが変わってきます。 その為、清潔にして細菌が少ない状態を保ったり、汗が出ないようにしていれば、臭いは極力抑えることが可能という事になります。 本来は、頻繁にシャワーを浴びるのが理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)的です。 でも、なかなかそうはいかないのですから、夏場などは特に、制汗剤(汗のニオイを抑えるだけでなく、香りをプラスした商品も多いでしょう)を使用したり汗脇パットなどを利用して、吸収させてしまうのがよいのでしょう。 欧米で香水(人によって好きな香りが違うものです。 つけてからの時間によって香りが変化することも多いでしょう)が発達したのは、腋臭の方が多い事が理由だとされているのです。 香水などを利用し臭いを目立たなくすることも一つの手段ではあるものの、あまり香水(日本人はつけない人も多いですが、海外では嗜みとなっていることも多いです)を使い過ぎてしまうと逆に、異臭になってしまいますから気をつけなければなりません。 また、アポクリン腺(離出分泌腺とも呼ねれ、大汗腺や乳腺の分泌様式となっています)は脇毛の量と密接な関係があるのですね。 それに、脇毛があると細菌が繁殖しやすいですから、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)ともなると脇毛の処理をしたら臭いをあるていどは抑えられるはずです。 ただ、男性の場合ならなかなか処理する事は難しいですね。 そ以外に自分で可能なケアとしては、体のにおいのきつくなる肉類を避けた食事を心掛けるという方法もあるのです