写真画像

売買には手数料が掛かる?

売買には手数料が掛かる?

初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)が株投資をはじめる場合に、忘れてはならない事が株の売買には手数料が掛かるという事です。 株取引(上場している株式会社が資金を調達するために発行している有価証券を売買することですね)のイメージとしては、10万円で株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)式を購入し、110000円で売却すると、1壱萬円−10万円で1万円の利益を得ることが出来ると考えるのではないでしょうか。 全国対応の借金相談窓口 ネットで24時間受付中も見てください。 けれど、ちょっと待つようにして下さいね。 そこには、売買手数料がふくまれていません。 売買手数料とは、株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を売買するにあたって仲介役を行いくれる証券会社に対して支払う手数料です。 この手数料を頭に入れておかなけれね、僅かな利益で売買を繰り返した場合に、最終的には結局、証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)に支払う手数料のほうが多くなり、トータルで損失が出てしまった、といった可能性もあるかもしれません。 通常、売買手数料は株を売買した代金の何%と決められていることが多いようです。 けれど、証券会社により定額の手数料を設定し、取引の回数には無関係に一定の手数料を差し引くようにしているところもあるんですね。 近年では、証券会社同士で手数料の競争化が激しくなり、手数料をできるだけ低く設定してあったり、手数料無料を打って出していたりする会社もあるようです。 個人投資家(利益をあげているのはごく一握りだといわれています)に取っては、いかに売買手数料を少なくするかで利益の幅も大きく変わってくるはずですので、手数料の安い証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)を選ぶ事も大事ですね。 また、手数料が安いだけでなく、あなたの投資スタイルに応じた手数料の料金体系が組まれている証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)を探す事も重要です